SSブログ
前の10件 | -

一週間

解散発表から一週間。
このあいだに健ちゃんのラジオでは、健ちゃんのメッセージがあり、、トニセンのネクジェネは、あいかわらず、でした。

ワイドショーとかぽつぽつみてますが、

とりあえず、

街の人に、聞くやつ、、あれいらないですね、。
「子供の頃からみてたのでー」
とかそういうの別にいいや。

まあ、ああいうのが世の中のごくごく、一般的な声なのでしょう。

さらに好きな曲アンケートをとっていたのもみたのですが、一位は「WAになって」でした。

ヲタクに聞いたらまあ、全く別のランキングになるだろうし、ヲタクのランキングでても一般的には「??」で、つかえないんだろうな。

ウルトラマンファンの方々がいまだに「TAKE ME HIGHER」を推してくれる人が多いのはすごく嬉しいけど、一般のアンケートとかは別にいいや、、、


あと、中途半端に芸能通きどった人の意見もいらないや。
今日も職場で
「人数減るのが普通になってそもそも、最近でしょ。光GENJIとか男闘呼組とか減らずに解散してたし」
と言っていた人がいたので、
「いや、光GENJIは、二人脱退しましたよ。大沢くんとひろくん。で、SUPER5になってからの解散です」
と冷静に訂正しておきました。

さらに「タッキーは、自分より上、リストラしたいんだろうな」とか「TOKIOとトニセン合流してジャニーズシニアに戻すって話もあるよね」
と、きたので、
「あ、それなら佐野瑞樹もいれてくれないと」
と言ったところ、佐野くんを知らなかったようでした。

わたし、完全勝利!!
と勝手に思ってます。

ネット系の憶測とか、ほんといらないし、それ知ってて得意気な人とか、まじで関わらないでほしいです。

まあ…この人は、いつもこうだし、自分でかなりジャニーズに詳しいと思っているので、私のいないところでは、みんなに得意気にこんな、話をしているのでしょう。

こういう人は、どこにでもいるので、あるあるですが。

そんな感じでもう一週間です。
こうやって時間は過ぎていくのです。

ならば、健ちゃんの言うように、楽しまないと。


そうそう、健ちゃんのラジオをお知らせするTwitterを私の大好きなラジオパーソナリティーの中村貴子さんが、RTしてくれて、
「バスターズだよね」とコメントしてくれてました。

バスターズ=The pillowsファン

のことなのですが、貴ちゃんは、ピロウズの母とか言われたりしてて、バスターズ代表みたいな人なので、なんだか嬉しかったし、「シュガーナイトメア」のことも紹介してくれてましたよ。

私にピロウズを教えてくれたのが、この貴ちゃんのラジオで、健ちゃんがピロウズ好きなおかげで、「シュガーナイトメア」ができて。

ねー、、みんな私にとっては、大切な思い出だわ。

あ、先月末、ピロウズのさわおくんのソロライブいってきました。あー、書いてなかったな。

そして、The pillowsもThe Birthdayもイースタンユースも怒髪天もコレクターズもサニーデーサービスもでることになったアラバキロックフェスにとても行きたいです、、、

最後は話がだいぶそれたな、、、
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

そうきたか

え、っと、、、

普通に仕事してましたよ。
そしたら、やたらと携帯がブルブルいうじゃないですか、、

で、一段落したとこで、状況を把握。

仕事でご一緒していた方と、ええええええ、となっておりました。


あのときイノッチが話していた「V6をもう一度自分たちに取り戻す」という言葉。そういうことだったか。

なんとなく、いつかは、こうなるかなとは思っていたけど、でも、なんとなーくこのままいくんでろうな、とも思っていた。

V6解散。

ショックではあるよ。
そりゃあ。

でも、剛が事務所辞めるならば、解散。V6を終わらせるというのは納得できるし、しかたないな、とも思う。

そして、解散後、実はその後も十分に楽しい…というのも光GENJIで経験している。そう、その後も結局、楽しいんだ。


25年。いや26年になるんだな、最後は。それはすごいよ、やっぱり。

6人元気で生きてくれてて、自分の活動をしてくれればそれはそれで良いよ。

個人になってトラブルとか事件とかはもう、勘弁だし。まあ、そういうことはないだろうな、とは思ってるし。

生きててくれれば。
見える活動をしていてくれれば。


、、、、といっていたら、でてきたトニセン存続。

そうきたか。これも予想通りだけど。トニセン存続。
まだまだついていくよ。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

夜汽車ライダー

少し前の土曜日の夜の、なぜかこの2021年に「夜汽車ライダー」がTwitterトレンド入り。

なんだ?と、思ったが、いや、もう、これは、ネクジェネだろ、この時間。

やはり、ネクジェネだった。

翌朝、走りながらラジコで聞くと。

1300回放送の記念の回に、若い子の恋愛相談にのるおじさん3人。
お悩みに対して、トニセンが送る曲を選曲。

「男の側からの」とか言いながら、イノッチの選曲が「夜汽車ライダー」。

次の坂本くんの選曲も「夜汽車ライダー」

長野くんの選曲、「夜の曲だよね、いろいろありますが、夜汽車ライダー」

もうね、、想像できすぎる流れ。悪ノリの流れ。笑うしかない。というか、笑える。

イノッチの指摘に坂本くん「おれ一回しかかけてない」長野くん「俺も一回しかかけてない」
イノ「一人一回ずつ選んだら、3回になるだろ!」

もう夜汽車ライダー禁止だからね、、といいつつ、ラストのイノッチ「それでは、一生で最後の恋、、」で、やっぱり夜汽車ライダー。

もう、笑うしかない。先が読めるけど、その通り過ぎて、安心感すらあるわ。本人たちも笑ってるし。こっちも笑うわ。

ひとつの番組で4回、夜汽車ライダーって。

このあたりが、トニセンクオリティ。最高すぎるし、大好きだ、このノリ。

そして、私はもともと「夜汽車ライダー」好きです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

オスロ兵庫

きょうは、オスロの兵庫公演にいってまいりました。

オスロ合意の話ですね。

オスロ合意に至るまでにバックで交渉の舞台を作りあげたノルウェーの夫婦のお話です。
(すさまじくざっくりいうと)

さすが、トニー賞何部門かとるだけあって、めちゃくちゃしっかりしている。ちゃんと、丁寧に作られている重厚な芝居でした。

Twitterで「難しい」「意味がわからない」「予習したほうがいい」などの声を見ましたが、いやいや、、、すべて細かく説明してくれてるじゃないか。
テンポよく、きっちり説明してくれているのです。

坂本くんはこの裏舞台を作りあげた人物。


郁人は、ノルウェーの外務副大臣とイスラエルの学者の二役。
ちょっと、郁人が演じるには若すぎたかな、という印象。

まわりの役者さんたちの年齢層が高いのと、安蘭けいさんよりも上の地位というのは、ちょっと無理があるかな、と。

学者のほうは、相島さんの子分のようなもんだし、コミカルにつくりあげているので、いいかな、、と思うけど、やはり少し若いか、というイメージ。


しかたないんだけどね、、、ジャニーズマジックみたいなものだな、これは。「この役には若すぎるな」という配役、ジャニーズあるあるみたいなものだな。

なので、しかたないのだけど、最後のカーテンコールの並びの順番も本来は、相島さんより内側はおかしいのだろうけど、ジャニーズ的には坂本くんの横になっちゃうのだな、と理解してみてました。

こういうところで、ちゃんと役にあわせた立ち位置におかせてもらうほうが、いいと思うんだけどな。事務所的な問題なんだろうな、そこがとっても残念。

私は今まで、どうも郁人のでる芝居と相性がイマイチよくなかったのですが、今回のは、好きなタイプだな。こういう重みのある会話劇のようなものは大好きだ。社会派作品も好きなので、「郁人にちゃんとした芝居がきた!!」というところです。

オスロ合意はなされたけど、まだ紛争は続いています。一歩は踏み出せたけれど、まだまだ問題は解決していない。それを改めて世界に投げかけたのが、オフ・ブロードウェイから生まれたこのお芝居なのでしょう。物語の当事よりも、さらに中東の情勢は複雑になってしまいました。戦いのない未来を願い続ける人たちの思いが、たくさん届きますように。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

なんだかんだで毎週みているカンパニー

なんだかんだで毎週みてしまっているドラマ「カンパニー」。

そう、イノッチのドラマです。

正直な感想を言うと、うーん、、ベタかな。だいたい半分くらいでだいたいの展開がみえてしまうし、そのあたりの想像も超えてこない、かな。

まあ、裏を返せば、「安心して楽しめるドラマ」ということでしょう。


毎回、いろんな人に振り回されながら、なんとか問題解決するとまたなにか起きてしまうイノッチなのですが、書かなくてはと思ったのは、前回のバレエ体操ですよ、バレエ体操。

踊れる人が、踊れない人のふりをするとかなり変な動きになるな、、と。

我らがV6ですよ、我らがトニセンですよ、我らが井ノ原快彦が踊れないわけがないのですが、役柄は踊れない役。

まあ、微妙な動きでした。

微妙にしすぎて、おまえ、踊れるのにわざとだろ!とごく普通にツッコめるレベルの動き。

のくせして、ラストに、ぴしっとキメポーズをしたので、

それ、完全に踊れる人のキメポーズじゃないか、、、と。

思わず、ふいてしまいましたよ。あまりにぴしっと決めるから。


そんな感じで、文句をつけつつ、なんとなーくみています。

今季のドラマでみている中では、抜群におもしろいのは「俺の家の話」。

面白い、をはるかにこえて「すばらしい」。

介護問題がど直球で扱っているのはもちろん興味深い。そして、「介護」と「相続」という家族の話、「能」、「プロレス」、「介護」という身体性の話。まだ前半だけど、発達障害や異母兄弟、後妻業、などなど、とにかく盛りだくさん。リンクするところを上手くリンクさせつ、笑いもあり、楽しみながら毎回考えさせられる。

これだけの話を前半に見せてしまっているので、後半がどう展開していくのか楽しみ。

楽しみにしていた「バイプレイヤーズ」は、もともとのおじさんたちが楽しくワイワイしているドラマとは路線が変わって、ちょっと寂しい。

あとこどもとはまっている「おじさまと猫」。初回に「ぬいぐるみ!!?!」という衝撃をうけたものの、もうまったく違和感なくみてて、ふくまるの人形すら欲しくなってきました。

そして、WOWOWのコールドケースは、やっぱりおもしろい。

あと「ここから倫理の時間です」も良い。

みすぎだな、、ドラマ、、。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

仕事用PC

私の仕事用PCの画面は、河合郁人に設定しております。

少し前まで、職場で開いてあると、他部署の方々が
「誰これ?」
と必ず聞いてきたのです。

ところが、最近は、
「あ、これあれでしょ」
「モノマネの人でしょ」
「バス旅いいよね」
などの反応がくるようになりました。

しかも、年代問わず。

すげーな河合郁人、いつのまにか知名度あがりまくりじゃないか。

河合くん、とまでは、みんないってこないのですが、かなり認知度が上がった模様。

しかもびっくりするほど短期間で。

9月の頭にいまの写真にしてから、しばらくは、反応なしだったのですが、年末あたりから、ほんとみんなに言われます。

短期間にこれだけ顔が認知されるようになるとは。

こんな日がくるとは。
驚くばかり。
何がおこるかほんとわからないものです。

会社スマホもみんな同じなので、すぐに私のものとわかるように、裏側にABCZのカードがはさんであるし、パソコンに関しては今に始まったことではないので、同じ部署での認知度はそれなりにあったものの、こんな日がくるとは。

ちなみに、私物スマホは、チバユウスケ仕様になっております。

さて、きょうは、バス旅があるのかな。
これがまた関西では、長野くんの魔法のレストランとぶつかります。とりあえず、バス旅は録画して、魔法のレストランかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

今更ながらサブスクを使う

すごい今更ですが、

3ヶ月ほど前から、音楽のサブスクリプションに手を出しました。え、今更、という感じが、あるかと思いますが、そう、今更です。

今日で、無料トライアルが終了するんですが、継続する予定です。

欲しいものは、CDで買う派であることは変わりないのですが、ここ数年で近くのレンタルがすべて姿を消してしまいました。そのため、簡単にCDをレンタルできず、今までのように、音楽をたくさん聞きたいと思うと、これはもう、サブスクに手を出すしかない。

古いスマホ(画面バキバキになったやつ)をウォークマン代わりにして、使ってます。

毎週、中村貴子さんのモザイクナイトというアーティストをゲストに呼んでアルバム1枚についてじっくり話を聞くラジオ番組を聞いているのですが、これを聞くと、どうしてもそのアーティストのアルバムをまるごと一枚聞いてみたくなる。

これは、サブスクか、やはり。

で、サブスクに手を出したわけですが、


すごいなサブスク。
ほぼ、カバーできてしまうではないか。ありがとうサブスク。

音楽環境がすばらしくよくなりました。

私はなぜ今まで手をだしていなかったのだろう。
映画、映像には、すぐに手をだすのに。ネトフリなんてすぐにいれたのに。

誤解していたよ、サブスクさん。すまなかった。

もちろん、今までどおり、欲しいものはCDも買いますよ。

うまく使い分けだな、これは。


で、最近、聞いているフラワーカンパニーズの「36.2℃」がとても良いのです。

これは、サブスクで聞きるけど、CDで欲しい。タイミングみて買おう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

リーダー問題

今朝、Twitterをみていたところ、えびしの10周年に向けたプロジェクトがいきなり謝罪する騒ぎになっていた。

なにかと思って経緯を調べてみると、どうやら、昨日の「vs魂」の郁人、出演に対し、プロジェクト公式 ツイッターが、郁人のことを「我らがリーダー」とつぶやいたところ、

「ABC-Zにリーダーは存在しない」

ということで、公式へ批判が殺到したようだ。

「公式がその程度の認識でいいのか」「確実でない情報を流すなんて」「公式担当2名のやりとりをだしたり、内輪ノリをやめてほしい」

などなどの意見がでてきたようだ。

ハッキリ言わせてもらうと、

「正直、どうでもよい」

というのが、私の感想。

というのも、私は長いこと、「郁人がリーダー」と認識していたから。どうやら、それは間違いらしい。

私の古い記憶では、あれは、だいぶ前のこと、滝沢演舞城か滝沢歌舞伎のとき、どこかで、タッキーが、ジャンケンかなにかで、リーダーを決めさせたというのがあった。

ジャンケンだったかな、、たしか、違うかも、その結果、一番下の郁人がリーダーになったはずだ。

なので、しばらくはいろいろな場面で
「一番年下ですが、リーダーです」と発言していた記憶がある。

なので、ABCにおいては、郁人はリーダーだった。

そして、その後、ハッシーが入ったものの、その体制のままだとおもっていた。

おそらく、デビュー後に何かのやりとりで、「リーダーはいない」と発言かなにかしたのだろう。いまのファンには、それが一般的な認識のようである。

私は、デビュー後、とくに最近は雑誌、テレビなど、ラジオなど、すべてを追ってはいない。
なのて、私が、知らぬ間に、「リーダー問題」に関する公式見解がでたのだろう。


先にはなしたとおり、郁人がリーダーだろうが、誰がリーダーだろうが、どうでもいい。そこに私の興味がないから。

公式が間違った、、というのも正直どうでもよい。あの公式Twitterにそこまでの公式性を求めてないから。

ただ一つ言えることは、この件で、公式を攻撃するようなファンが苦手である。はっきり言って、謝罪文を出すようなことでもないと思う。これで、プロジェクトが心配、などというのもとくに思わない。
 
この件で、騒ぎたてているようなファンが大多数になった今、悲しいかな、私のような、そんなことよりも、いい仕事してくれればいいよね、的な軽いノリのヲタクは少数派になってしまったのだろうか。

リーダーなんて別に誰でもいいじゃないか。
郁人がかつて、ABCのリーダーだったこともあるんだから。

公式みたいなとこが軽いノリだっていいじゃないか。だいたい、ABCZのネタだってだいぶ内輪ネタのノリが多いのだから(そこはあまり好きではないが)。


自分たちで楽しむ環境を窮屈にする必要ないんじゃないのかな。こんなことでキリキリしてたって楽しくないよ。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

2月1日

記念日に疎いんですよね。
すぐ忘れます。自分の結婚記念日ですら、毎回忘れてます。

そんな感じですが

今日2月1日でABC-Z デビュー9周年です。おめでとう。

あっという間に9年かー。
デビューは、通過点な感じがあるせいかあいかわらず9年という数字がピンときてません。

その前の時間のほうが自分の動き方も熱量もあったからなんだよな、しかたないけど。

10年へ向けての企画がいろいろ動くようですね。
TAKUROさんが曲つくるのかー。

そういや、少し前のネクジェネで、トニセンがグレイ兄さんの話してましたね。よーくみたら、兄さんってほど、兄さんじゃなかった、という(笑)ミスチル兄さんとの話とか。ってか、もう、V6がすでに兄さんではないか。

タワレコの「NO MUSIC NO IDOL」については、わたしは完全に「NO MUSIC NO LIFE」派です。

話がそれましたが、いろいろ企画があるよなので、ぬるくゆるく見ていきます。



.........


すみません、すっかり、年が明けて1月すら終わっておりました。もう2月になりました。

2回目の緊急事態宣言が、発令されている地域なのですが、職場でも「在宅勤務」が推奨されてるけど、私の場合は、在宅ってわけにもいかないので、直行直帰のテレワーク的な感じです。完全に在宅勤務ができるのは、月に1、2回程度です。
 おまけに1月は、月に2回、通常は休みにしてもらっている日曜の勤務が2回ありました。
春の時もほぼ同じ状態だったので、しかたないかな。

 年末もちゃんと締めてないのですが、とりあえず、2019年も映画は100本より多くは見られました。
 舞台は「天国の本屋」だけ。ライブは中止や延期だらけでも、The Birthdayの3本しかなかったライブのうち2本はいけました。怒髪天も一回いけた。

今年は、もう少しいけるといいのだけど、と言う前に、開催されれば良いのだけどな。

ブログもぼちぼち、書いていきたいな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

やっぱり生の音はいい

まだまだ、ライブの余韻にひたってます。

やっぱり、生の音はいい。
ライブらやっぱりいい。

間の東京は、オンデマンドでみたのだけど、それはそれで、じっくり見られてよかった。

でも、やっぱり生の音を体感してしまうと、いいな、、と思ってしまう。

突然、当たり前にあったものがなくなり、当たり前にできたことができなくなる。それを思い知らされたこの数カ月。ただ耐えて待つことしかできない時間が続いたけど、その間の思いが詰まった曲が作り出され、目の前で響いた。

声がだせない、マスクもしなくてはならないし、一席あきなど制約は多いけど、それでもできることをみんなが考えてできた空間。響く音楽も、応える拍手もとても温かく感じた。

一曲めの「ヒマワリ」。折れちゃたヒマワリが、「世界を知りたくて未来が見たくて」光に向いていく。

そして、2曲目が「青空」。
「悲しみはもう捨てていいよ」
「明日はきっと青空だって、いってやるよ」と続く。

もう、16キャンドルズで登場しただけで泣けるのに、この2曲の構成からぐっとくる。

私は、音楽の素養がない。楽器もできない。音楽に詳しいわけでもない。なので、完全に好みで音楽を聞いている。だからか、こういう直球のどストレートなものが響くし、好きなんだよな。

まったく流行りの歌ではないけど、私には響くし刺さる。

また、コロナの感染者が増えてきて、ちょっと先行きが見えづらくなっては、いるけど、また次の場に続きますように。

いつも最後にいうチバさんの「ありがとう、またね」。
この「またね」がわりと好き。
「またね」が「またね」であることを信じられる。次がまたあると思えるから。

はやく次もみたいなー。

‥‥


年末のカウントダウンジャパンにでるのと、フジロックの大晦日イベントのヘッドライナーなんだけど、、、これはいくの難しいなー。年末だし。まあ、でもCDJは、wowowの放送ありそうだし、フジロックのやつは、オンラインもあるから、そこでみよう。

「ロード トゥ 苗場」ならば、むしろ苗場でやってくれ!!とは思うけど(笑)苗場ならいくんだけどな。。私にとっては、東京の年越しライブよりも苗場の年越しライブのほうが圧倒的にハードルが低い(笑)こどもたちが寝てからでられるし。

と、まあ、そんなこと言っててもどうにもならないので配信でみるか。


あ、ABCーZのクリスマスコンは、とれませんでした。まあ、この状況だし、しかたないね。配信あるけどどうしようかなー。いけないものはなかったことにする主義なので。どうしようかな、と。配信という手段が増えて、このあたりは複雑化したな、、というイメージ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -