So-net無料ブログ作成

楽曲のチカラ [V6]

本題の前に・・・・

12月から1月の予定が見えたことはありがたいことですね。
はい。しかし、・・・・先すぎる(笑)

「シー・ラブズ・ミー」って、あの「シー・ラブズ・ミー」ですよね。
有名なブロードウェイミュージカルですよね。

戸or河と五or塚のWキャストときたか。
Wキャストの細かい日程待ちですね、こりゃあ。

しかし、気になったんだけど、東宝サイトの表記が「A.B.C」なんだよね。
ただ単に、間違いなのだろうか。
それとも1人いないと「Z」が抜ける表記を使うんだろうか。
はたまた・・・・・・冬まえに・・・まあいいや(笑)

どちらにしろ、郁人にとっては、ひさびさのがっつりしたミュージカルですね。
がっつり、って意味が通じませんね。私の中で「本格的」なみたいな感じで(笑)。
演技しなきゃならんとこも多いだろうし、踊りも多いだろうし、楽しみだ。

さて本題です。
前置きが長くてすみません。


最近、すっかり物を考える時間が走っている時になっているんですが、ここ数日はV6をお供に走っています。
やっと、じっくりちゃんと聞きました、新曲。


やるじゃないか、あなたたち!!

いやあ、びっくりした!!

これ、たぶん1枚できちんとした流れが必要になるアルバムではできないかも。
ボーナストラック的なものだからできる取り合わせかも。
限定のおまけCD盤付きのこのおまけCDがすごい。
タイアップとか、売り上げとかに直結するわけでないからこそできる、この豪華ラインナップ。

事前情報として、誰が曲をつくるかというのはでていたし、トニセン2曲に関しては、ライブで聴いていたから、わかってはいたが・・・・・・・

この4曲をしっかりつくり上げてきたことに驚いたというか、ここまでV6自体が巧くなっていることに驚いた。
これだけ個性の強い楽曲自体のチカラというかパワーのある曲をよく自分らのものにしたな・・・ということに驚きと感動。


「Desert Eagle」

Spontaniaが提供してくれたこの曲。

これを、この曲をしっかりつくってきたことに感動。
ひさびさに、骨のあるがつんとした曲きたな・・・

歌詞とかラップとかじゃなく、どちらかというと「言葉」。
「言葉」が詰まっている。


そして、その言葉たちを、森田剛が実によく転がしている。
うん。すごいよ、剛。あんたすごいよ。
ちょっとかっこよすぎる。

曲を聞いて、絵が浮かぶというか、そういうスケール感をだせるようになったんだなあ。

この曲、カミコンではどんな感じで仕上げてくるか。
ま、そのへんは、岡田プロデューサーがきっと照明にこだわってやってくれるだろう、うん。
頼むぜ。

スピリット【初回生産限定】<MUSIC盤>ジャケットA


ちなみにこっちに入ってますよお

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

NAO

剛くん、かっこいいんですよ!!  日々、更に、確実にかっこよくなっています!! CDもすごく良かったし、ミニアルバムも楽しみ♪♪♪こりゃタケルくんどころじゃないぞ(>_<)!!
by NAO (2009-06-21 11:12) 

都

♪NAOさま

ミニアルバム楽しみだね~。また同じ人が楽曲提供してるんだよね。むふふ。
今日のプレミアムがかなり楽しみですぞ。
しかし、剛、ほんとここ数年どんどんいい感じになっていってるよね。
タケルくんどころじゃないぞ!!(笑)
by (2009-06-21 15:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。